スポンサーリンク

コストコのさくらどり むね肉を真空調理でジューシーに仕上げましょう!

低温調理(真空調理)レシピ

 

面倒くさがり時々凝り性、ぷち健康オタクな食いしん坊です。

美味しいものさえあればごきげんです。単純です。

美味しいものくれる人にふらふら付いて行かないように気を付けてます。

レシピと言えるのか?!ってような徒然書きからちょっと手間をかけての一品、豆知識からどーでもいい話まで幅広く、きっと多分おそらく明日も書いてる予定。

気分の赴くままに、ちょっとレシピを参考に、暇つぶしに、ストレスフリーにぽけーっと見ていただければ本望です。

 

スポンサーリンク
  

コストコのさくらどりはおいしいしおすすめ!

悲しいときー(悲しいときー)チキンがパサパサでジュースィーの欠片もなかったときー
あー懐かしい(笑)

鶏肉って食中毒が怖いから火をキチンと通さなきゃって。ピンクの部分をなくそうとやっきになって焼いて、パサパサって残念無念なチキンたまに出会います。

(あ、偶然にもキチンとチキンって、、、一人で苦笑、、でも修正せず笑)

真空調理の醍醐味です。

お安い鶏むね肉をじゅーすぃーにしちゃいましょう。

どこのスーパーでも手に入るお財布に優しい、ごく普通の鶏むね肉で構いません。

ちなみにアタシはコストコで大量に仕入れてきてます。

「さくらどり」というブランド。

宮崎県で飼育されてますねー2.4kgで980円!お買い得っ!

4つの真空パックに分かれてるのも便利でいいですねぇ。

鶏胸肉って美味しかったんだ!ってしみじみ感じましょう。

そしてこの真空調理した鶏むね肉、このままでも十分美味しいのですが、とってもシンプルにしてるので基本の鶏むね肉の調理の仕方として色んな料理に使えます。

ええ、ホントいろいろ使ってます。

ほぼ毎日冷蔵庫か冷凍庫で顔合わせます。

だいぶ顔が広いヤツですよ。

ここにもあそこにもあんなところにも・・・ほら、あなたの後ろにも・・・(キャー|д゚))

でもホント安くて美味しくて何にでも合うって素敵な性格してますよね。

この鶏むね肉ってやつは。

憎いねーおまいさん。

この鶏むね肉を使った料理も書いていこうかと思ってます。そのうち。

 

スポンサーリンク

コストコのさくらどりを真空調理でジューシーに仕上げましょう

基本の鶏むね肉 用意するもの

鶏むね肉     250g程度(1枚)
塩        小さじ1/2
白こしょう    適量
オリーブオイル  大さじ1
しょうがスライス 2,3枚

皮つきの胸肉だったら皮をはずして。
※お好みで皮は一緒に調理しても良いのですが、今回は皮は別に調理しました

塩と白コショウを揉みこんで真空パックに入れて、オリーブオイル、しょうがスライスを散らして真空にする。

できれば30分から2時間ほど冷蔵庫で休ませる。

真空調理器は63℃に温めて、真空パックを入れて2時間調理。

これだけ。

 

コストコのさくらどり 皮は10分でパリパリに!

さて、じゃあ鶏皮どうしましょっか。

鶏皮って小さいとき大好きで、肉自体は二の次で皮ばっかむさぼりエンジョイしてたのが記憶の遥か彼方にぼんやり残ってるんよね。

まぁ大きくなるにつれて嗜好も変わってくるわけで、逆に鶏皮のぶよぶよ感が気になって急に食べられなくなってしまって。

高校生くらいまでダメだったのー(;´Д`)

なんでまた食べれるようになれたかと申しますと、ものすっごい美味しいパリパリ鶏皮の焼き鳥を食べることができまして!

わぉー!鶏皮うまっと昔の記憶を思い出したんよ。

やっぱりパリパリ感が皮にはないとね!

オーブン使うのは面倒なので、オーブントースターで焼きましょう。

皮を平らに広げて軽く塩と胡椒を振って、オーブントースターの一番高い温度(うちのは260℃)で10分くらい。

美しい黄金色のパリパリに仕上がるねん。

塩を先に振ることが大事ですよ!

この塩がまた皮をクリスピーにするお手伝いをしているので!

これを胸肉に添えて一緒に召し上がれ♪

 

スポンサーリンク

この真空調理で便利なのは、真空パックした時点(真空調理する前)で冷凍保存できること。

なので、コストコとかスーパーの安売りで大量に買いしてきてもダメにする心配ございません( ̄▽ ̄)

小分けして冷凍すればとっても使いやすいねん!

食べるときは解凍せずにそのまま63℃のお湯に突っ込めます。

解凍しなきゃいけない分、通常より15分ほど長めに調理するだけです♪

 

コメント