スポンサーリンク

フィリピンの家庭料理アドボを真空調理で簡単に作ってみた レシピもあるよ

低温調理(真空調理)レシピ

 

面倒くさがり時々凝り性、ぷち健康オタクな食いしん坊です。

美味しいものさえあればごきげんです。単純です。

美味しいものくれる人にふらふら付いて行かないように気を付けてます。

レシピと言えるのか?!ってような徒然書きからちょっと手間をかけての一品、豆知識からどーでもいい話まで幅広く、きっと多分おそらく明日も書いてる予定。

気分の赴くままに、ちょっとレシピを参考に、暇つぶしに、ストレスフリーにぽけーっと見ていただければ本望です。

 

スポンサーリンク

フィリピンの家庭料理アドボは夏バテ対策にもおススメ

アドボって料理は、フィリピンのザ・家庭料理。

日本の肉じゃがの立ち位置に近いんやないかな。

アドボって言葉自体は、実はスペイン語で”Adobar(アドバル)”マリネするって意味の単語が由来。

スペインでは意味が違って、肉などを漬けこむパプリカが利いたお酢のマリネ液のことを、アドボと言ったりします。

フィリピンは昔スペインの植民地であったことからスペイン料理の影響がちょこちょこあって、今回もスペイン語のアドボが転じてフィリピンの代表的な料理の名前になったんよ。

このフィリピンのアドボという料理、一般的には鶏肉や豚肉をお酢、しょうゆ、にんにく、ベイリーフ、ペッパーで煮込んだもののこと。

ちょっと酸っぱくて、お肉もさっぱり食べられます。

暑いフィリピンでもお酢の酸味で腐りにくくするように、さらに食欲も促進、理にかなった国民食やね。

日本でもこれからの季節、夏バテ防止対策におススメ!

基本的には上に書いた調味料で作られるんやけど、家庭や地域によっていろーんな作り方があるんよ。

甘めだったり、酸っぱめだったり、しょっぱめだったり分量もさまざま。

日本で肉じゃがも家庭によって、牛肉派と豚肉派があったり、みりんだったり砂糖っだりの違いがあるよね。

フィリピンのアドボもそんな感じ。

でもさらにもうちょっと進んで酢醤油のあっさりアドボから、パプリカやパイナップルで甘味とコクをだしたり。

もしくはハラペーニョでぴりっと刺激的にしたり、はたまたココナッツミルクを入れてちょっとこってりしたりのバリエーションまで店それぞれ、人それぞれ、人生それぞれ。

一応、今回は平穏なお味のにしますわ。

お好みで辛さ、甘さ、ココナッツミルクなど試してくださいましー。

 

スポンサーリンク

アドボを真空調理で作る時のレシピ

フィリピン料理アドボ 用意するもの

豚肉肩ロースかたまり 250g

濃口しょうゆ     大さじ2
三温糖        大さじ1/2
穀物酢        大さじ1
ガーリックパウダー  適量
生姜(皮つきスライス)2、3枚

黒コショウ(ホールを潰して) 2、3粒(なければ粗びき適量)
ローリエ           1-2枚

お好みで玉葱、パプリカなどの野菜

 
はい、豚と調味料、全部真空パックに入れてください。

真空して66℃で8時間から12時間。

朝、仕掛けて帰ってきたらでけてる!みたいな感じの時間ですね。

できあがったらお肉は好きな大きさにカットして、ご飯の隣にでんっと盛っちゃってください。

現地では、白ご飯をお供に食べる料理なんです。

お好みで玉葱やパプリカなどの野菜をカットしてさっと炒めて、真空パックに残った汁と合わせてもいいんよねー。

写真は今回玉葱とパクチョイ(中国野菜でチンゲン菜の茎が白いやつ)を炒め合わせてみまして。

さらに仕上げに七味や一味をちらつかせちゃって。

今回は、もう1つ別の作り方をご紹介しちゃいます!

 

スポンサーリンク

アドボをチャーシューのたれを使って作るときのレシピはこちら

このアドボの調味料、万能チャーシューたれで作っても美味しくていいですよ。

チャーシューたれの作り方は、こちらにも書いてますので参考にしてみてくださいねー

真空調理のanovaで自家製チャーシューの簡単な作り方
家でチャーシューが気軽に作ってみたいと思いませんか?ラーメン、チャーハン、おつまみ、いやいや夕飯のメインにもなってしまう自家製チャーシュー!anovaを使った真空調理で出来る簡単な作り方をご紹介!

その場合はこんな感じ。

フィリピン料理アドボ(チャーシューたれ編) 用意するもの
豚肩ロースかたまり 250g
チャーシューたれ  大さじ3
酢         大さじ1

黒コショウ(ホールを潰して)  2.3粒(なければ粗びき適量)
ローリエ          1-2枚

 
チャーシューたれに既ににんにくや生姜の香りが付いてるので改めて入れなくてもいいんのでさらに手間が省ける♪

またチャーシューたれはみりんベースの甘味なのでさらにあっさり仕上がります。

ひとつまみほどお砂糖で甘味を足されてもコクがでて良いかもですね。

 

コメント