スポンサーリンク

レモングラスの効果や効能から使い方まで!副作用はあるの?

おいしいもの

 

エスニックな料理やハーブティーが身近になって、レモングラスって耳にする機会が増えましたよねー。

レモングラスってどんなハーブなのか、どう使えるのかにクローズアップします!

 

スポンサーリンク
  

レモングラスの主な効果や効能

レモングラスってイネ科に属するハーブで、見た目はうっそうと茂るススキのよう。

ハーブって何となく可愛らしい形のものが多いのですが、そういった可愛らしさのカケラはありません( 一一)

まったく知らない人から見るとちょっと雑草みたいやねん。

そんなレモングラスですが、実はとっても色んな効果・効能が期待できる優れたハーブなのです!

 
リフレッシュ
レモングラスと言えばすーっとしたレモンに似た香り。

その青々とした爽やかな香りをかぐと、スキッとした気分になりますよね。

レモングラスの自律神経の働きを助けてくれるので、不安な気持ちを落ち着かせ、やる気や集中力を高めてくれます。

疲れたなーって時の気分をリフレッシュにしたり、ちょっと眠たいなーって時の眠気覚ましにぴったりだったりで、ドライブ中にとってもオススメされるハーブなんです。

 
虫除け
そんな気分をリフレッシュしてくれる香りを虫たちは嫌うねんて。

いい香りなのにねぇ・・・

なので虫除けとして使えるんです。

市販のケミカルな虫除けスプレーは匂いがキツくて、息止めて使ってますが(;´Д`)

レモングラスだといい匂いにつつまれながら、虫除け効果を期待できるなんて!

小さなお子さんがいてあんまりケミカルなものを使いたくないんよーって方にもいいですね。

 
胃腸を整える
消化促進作用があって食欲を高めたり、消化不良を改善する効果も。

食欲がない時や食べ過ぎて胃がもたれた特、お腹にガスが溜まった時に役立ちます。

騙されたと思って試してみてー!

 
美肌
お肌の皮脂の分泌のバランスを整えたり、毛穴を引き締める働きも期待できます。

発汗作用などもあり、代謝が良くなってお肌にハリがでてキレイな肌を保つのに効果的!

 
鎮痛作用
血行を促進し、神経痛や頭痛にも効きます。

血行が良くなることで冷え性の改善、それに伴う肩こりやむくみにも効果がありますよ。

 
抗菌作用
強い抗菌・殺菌作用もあるんです。

風邪や食中毒の予防にもなったり、入浴剤として使えば、水虫やニキビにも効くと言われてます。

 

スポンサーリンク

レモングラスに副作用はあるの?

こんなに色んな効能があるレモングラスですが、何か副作用ってあるんやろか・・・?

一つ気になることと言えば、子宮の収縮作用があるということ。

妊娠中の方、特に妊娠初期の方は摂取方法・量に気を付けた方がいいですね。

ただ適度に摂取することで得られる良い点もたくさんあります。

レモングラスをたくさん使うベトナムやタイのお母さんも元気なお子さん産んでますからねー。

一口でも口にしちゃダメ!っていうんでなく、過剰な摂取だけは避けてくださいね。

妊娠中のお母さんは気をつけていただきたいですが、それ以外に他に特筆するような副作用はないようです。

 

レモングラスの使い方

レモングラスの使い方ってホント色々あるんです。色々使えるんです!

 
まずは飲む!
ハーブティーとして人気ですね。

そのままストレートで飲んでも、アイスにしても、ジュースで割ってカクテル感覚にしても美味しいです。

いろいろ試してお好みの飲み方を発見してしまいましょうヾ(o´∀`o)ノ

 
食べる!
タイ料理やベトナム料理がよくレモングラスを使うことで知られてますね。

肉に刻んだレモングラスをまぶしてマリネして焼いたり、そのまま入れてスープに香りをつけたり。

レモングラスの爽やかな香りは色んな料理に合いますね。

しかもレモングラスの香りは、食欲をそそってたまりませんなー( *´艸`)

 

スポンサーリンク

香りを楽しむ!
レモングラスのアロマオイルを数滴、加湿器に入れて香りを楽しんだり、薄めて虫除けスプレーにしたり。

アロマオイル原液は刺激が強いので素手で触ったり、そのまま使ったりしないでくださいね。

乾燥のレモングラスをガーゼなどに包んでお風呂に浮かべたり、芳香剤&虫除けとしてクローゼットに入れて置いたりしても良いですよー。

 
様々な嬉しい効果・効能があり、アイデア次第で色々使える万能レモングラス!ご自宅で楽しんでみてくださいね。

 

コメント