スポンサーリンク

真空調理でグリーンカレー。本格的な味&しっとり鶏肉レシピ

低温調理(真空調理)レシピ

 

グリーンカレーの肉は鶏むね肉が好きなんです。

お店で食べても鶏むね肉が入ってること多いんです。

でもパサパサなんです・・・・

そんな悲しいあと一歩なグリーンカレーを救うため、真空調理を使って鶏むね肉をしっとりしあげましょう。

 

スポンサーリンク
 

もうひと工夫

ここまでグリーンカレーの記事を全部読んでくださった物好きな方、ありがとうございます。

めっちゃ嬉しいです(#^^#)

なんかの拍子にこの記事に辿り着いてしまった方、いらっしゃいませ。

もしも過去三回のグリーンカレー記事が気になる方はこちらです。

グリーンカレーペーストを自家製で作る!辛さ調節OKな本格的な味にを!
グリーンカレーのペーストから作っちゃう本格レシピをご紹介。自家製なので辛さ調節もお好みでできますよ。市販品ペーストでは味わえない香りの良さ、鮮やかな色をお楽しみください♪
グリーンカレーペーストが辛すぎない!本格自家製のすすめ!
グリーンカレー好きでたまらない人はペーストを一から作ることをおすすめ!市販品どう違うのか?レシピも後で載せますね。 ちょっと材料揃えるのが大変ですが、自分好みにも調節できるし、何より香りが全然違うんですよ!
グリーンカレーペーストの中身!原材料から揃えてみた。
自家製グリーンカレーに必須なグリーンカレーペースト。とにかく原材料が多く揃えないといけないものはいろいろあり大変ですが、ほとんどは通販で手に入ります。本格的に作ってみたいという人は、こちらを要チェックです♪

 
本日はお日柄も良く、真空調理器ANOVAを使いながらグリーンカレーつくりたいと意気込んでます。

タイの本場では具材の鶏、一匹まるごと使うんです。

骨とかもガンっってぶつ切りにして、骨からの旨味を出すんですね。

でもアタシはココナッツミルクのこってりさには胸肉であっさりが合うと個人的には思うんよ。

ぶつ切りのお肉も、もも肉だけのグリーンカレーも食べましたが、やっぱり胸肉・・・もも肉だとあの肉の濃さがグリーンカレーにはアタシにはちょっと違うんですよね。

好みだとは思いますが。

今までお店で食べる時も胸肉が多かったんだけど、でも残念なのが胸肉がパッサパサなこと。

一緒に煮込まれちゃってるから、味は染みてるんだけど旨味が抜けてて・・・なんというか、グリーンカレーに憑りつかれて自分を失った虚ろなチキン?

そんな出がらしチキンは嫌だー。

ってことで真空調理器ANOVA使いました。

 

スポンサーリンク

真空調理グリーンカレーのレシピ

グリーンカレー 用意するもの(4皿分)
ココナッツミルク400ml    1缶分
自家製グリーンカレーペースト 半量(100g程)
(市販のグリーンカレーペーストなら 50g程)
鶏むね肉           300g
塩              小さじ1/4
白こしょう          少々
しょうがスライス       2枚

ナス             たっぷり
水煮たけのこ         それなりに
パプリカ           いろどりに
  
 
ナンプラー          大さじ1~
パームシュガーor三温糖    大さじ1~
 
 
炊き立てごはん 
(できればジャスミンライス) 食べたいだけ

 
1. 真空調理器は63.5℃に設定します。

2. 鶏むね肉の余分な脂を取り、開いて均一な厚さにし、塩、こしょう、自家製グリーンカレーペーストのうち小さじ1(市販のものだったら小さじ1/2)をまぶします。

3. 真空パックに肉と生姜スライスを入れ、真空パック器を使うなり、水没法なりで真空にします。(肉が重ならないように注意!)

4. 設定温度になったら、お湯に沈めて90分放置。

5. この間に野菜をすべて一口大にカットして置きます。

6. あ、この辺で材料には書いてませんがご飯が炊けてるか確認ね!

ご飯スイッチ入れ忘れて、冷凍うどんで食べましたみたいな悲劇がどうか二度と皆様の身に起きませんように。

(え?アタシ?そんな失態グリーンカレーではないでっ(*´з`)

普通のカレーでは・・・その・・・あの・・・なんて言うの?

きっと今夜はカレーうどん食べたいやろなぁって思て・・・

ご飯は次の日の朝炊き立て食べたいやろな思て、これから予約しようと水に浸しっぱなしにしてんねん・・・

ライスからの次の日うどんの固定観念を打ち壊したいというか・・・)

さ、カレーの続きですよー。

7. 鍋にココナッツミルクの濃い部分を入れて熱し、油が分離してきたら残りのグリーンカレーペーストを入れてよくまぜます。

8. 大体90分くらい経ったら真空パックを取り出し、中の肉汁だけ(生姜は取り除いて)と残りのココナッツミルク、三温糖、ナンプラーを鍋に加え混ぜて沸かします。

9. 沸騰したら野菜を加え、今度は弱火で野菜に火を通します。

10. 火が通ったらできあがり!お好みでナンプラーや三温糖をさらに加えても♪

って肉忘れてないですよ?!

11. 盛り付けの時にカツカレーのようにカットした肉を乗せてカレーをかけてください。

お鍋にお肉を入れてしまうと、すぐ食べる時はいいんですが再度温め直しできなくなっちゃいます。
   
 

グリーンカレーはご飯と別盛りが一般的ですね。

うちはすぐ食べるので写真のように一緒盛りしちゃってんねんけど(笑)

でもチキンも生き生きして食べごたえありますよ♪

自家製グリーンカレーペーストを作って、真空調理までされたそこのあなた!!

ぜひご飯もこだわってジャスミンライスを炊いてみてください。

やっぱりタイ料理にはタイ米ですよ。

エスニックムード満点やわー。

あ、ジャスミンライスの炊き方なんて記事も書いてますので良かったらどうぞ。

色々炊き方ありますが、面倒でしたら炊飯器でも普通に炊けちゃいます。

オススメ ジャスミンライスの美味しい炊き方のコツは研ぎ方にある?

 

スポンサーリンク

そうそう、市販のグリーンカレーペーストを使う際は、「こぶみかんの葉(バイマックル)」が手に入ればこれを入れるとぐぐっと風味が高まります。

市販のグリーンカレーペーストは辛みが立って風味が弱いので、風味が欲しいけどカレーペーストを増やすと辛すぎて食べれないなんて時に、役立ちます。

ちなみに本場では三温糖ではなくパームシュガーを使いますが、三温糖で十分かなーと。

それよりは「こぶみかんの葉」を手に入れることをオススメしますよー!

それでは今日はこのへんで。

グリーンカレーの話もこのへんで。
 

コメント