スポンサーリンク

SusGallery(サスギャラリー)真空チタンカップの口コミと魅力とは?

おいしいもの

 

SUSGallery(サスギャラリー)と言えば美しいチタン製のタンブラー!

世界のVIPのおもてなしに使われたことでも注目された日本の技術と和の美しさを兼ね備えた逸品です。

その魅力と実際に使われてる方の口コミをご紹介しますね。

 

スポンサーリンク
 

SUS galleryとは?

まずはSUS galleryとはどんなブランドなのか見ていきましょう。

世界トップクラスの金属洋食器を送り出す技術で名を馳せる新潟県燕市で生まれ、2017年8月8日で10周年を迎えました。

「金属の新しいかたち」をコンセプトとし、江戸時代から伝わる歴史が深い金属加工の職人さんの技術を最大限に生かしつつ、現代の生活にフィットするようなコンテンポラリーかつ不変的なデザインを生み出しています。

SUS galleryの「SUS」はJIS規格でステンレス鋼材を「SUS」(英語読みで“サス”)と呼ぶところからと、「Sustainable(サステインナブル)なモノづくり」というブランドコンセプトの掛け合わせたものだそうです。

「Sustainable」というのは英語で“持続可能な”という意味。

今この瞬間良ければいい!というものではなく未来を見据えて造るモノづくりのカタチが世界中で求められている中で注目されている言葉です。

コンセプト通り、生活によく馴染み一生大事にしたくなる美しい新しい金属デザインを送り出してますね!

 

SUS galleryのTITANESS 真空チタンカップ

始めはステンレス製品を中心に展開していたSUS galleryが、世界初の真空二重構造のチタン製タンブラーを商品化したものがTITANESS Tumbler(タイタネスタンブラー)シリーズです。

チタン加工の難しさにぶち当たりながらも、試行錯誤し成し遂げた職人の技!

デザインの美しさもさることながら、職人魂が籠った逸品なんですね。

まずなんといっても、見た目の美しさ。

シンプルかつ上品な雰囲気漂う高級感とチタンの輝き。

一目で見惚れちゃうほど素敵なのですが、機能性も抜群なんですよ。

チタンが真空二重構造になっていて、普通のグラスの6倍の保冷力や保温力があるんです!

真空二重構造というのは、内側のコップをそれより一回り大きなコップが覆い、内側のコップと外側のコップの間には隙間がありつつ真空になっていて、内側のコップの方が浮いた感じになっている状態のことです(‘ω’)

内側のコップに飲み物を入れても、真空の壁があることで熱を伝えず、熱い飲み物で“あっち!”ってなるこや、冷たい飲み物で手が冷えてきた・・・なんてこともないんです。

逆に手の熱で冷たい飲み物がぬるくこともないし、手が温かい飲み物の熱を奪ってしまわないんです。

見た目はタンブラーなのに魔法瓶みたいな機能です。

(と思ったら、このタンブラーを製造しているのは日本で唯一国産の魔法瓶を製造している工場でもあるみたい!)

また、飲み口がとっても薄く仕上げられていて、口にタンブラーがあたる感触も心地よい!

氷が溶けて飲み物が薄まることなく、温かいものはなかな冷めず、カップの口当たが良い・・・

お酒が美味しくなること間違いないじゃないですか!

ってTITANESS Tumblerシリーズはお酒をおいしく飲むためにが最初のコンセプトでした。

見事です!!

 
もちろん美味しくなるのはお酒だけじゃないですよ。

ゆっくり仕事をしながら、読書しながら温かいコーヒーを飲みたいときも、半分も飲めばどんどんぬるーくなってきちゃいますよね。

でもこのタンブラーなら最後の一口まで温かーいコーヒーが楽しめちゃいます。

また、冷たい飲み物でも結露が起きにくいので、コースターいらず

デスクワークで重宝しますよー。

“水滴で書類が濡れた・・・”なんてこともなくなります。

グラスについた水滴を触っちゃって、手を拭いてからまた作業・・・ってこともなくなりますし、氷が溶けたコーヒーフレーバーの水を飲むこともなくなります(笑)

でも、なんだか金属臭がしそう?

いえいえ、チタンの表面は加工されていて、金属的な匂いはしませんし、飲み物にも匂いはつきません!

また、チタンは軽くて丈夫な素材。

アレルギーを起こしにくい金属で医療器具としてよく使われてます。

こちらのYouTubeでさらに魅力が紹介されていますよ!

 

SUSgallery チタンカップの口コミ

さすがの日本製にみなさん絶賛ですね。

「氷の持ちが非常に良く、結露しないのはさすが!」

「デザインがシンプルで和にも洋にも合います。保冷保温がバツグンで一年中使えます!」

「すごく薄いのに2層とは!本物の技術に感動しました!」

「本当に氷が溶けないので、ロックでゆっくり飲んでも最後までお酒の味を楽しめる。」

「想像していた以上の質感に大満足!!」

「アイスクリームを入れてみたら1時間溶けずに、驚きました!」

色々サイズがありますが、小さいカップならアイスクリームにもちょうどいいかもしれませんね!

 

名入れができ、高級感ある桐箱入りで、希望すれば手漉き阿波和紙でラッピングもしてくれます。

手提げ袋も付けてくれるので大切な方への贈り物にはぴったりです!

「名前を入れて主人の還暦祝いに奮発!一生モノと喜んでもらえてました。」

「お世話になった方へ。日本が誇る商品で、贈り物へは最適です。」

「ウイスキーロックが好きな方へ。金属なのに優しい口当たり。非常に喜んでいただけました。」

「主人の誕生日に。毎日、朝はコーヒー、夜は焼酎にと、気に入って愛用してくれているのを見るとこちらも嬉しくなります。」

 
商品の説明書も日本語と英語で入っていて、海外の方への贈り物にもmade in Japanが嬉しいですね。

色々な素敵なカラーのバリエーションも作られているのですが、“名入れ”は「ミラータイプ」というシルバーで少し光沢があるようなシリーズしか技術的に名入れができないようです。

 

2010年に日本で開催されたAPECでは参加した各国首脳へも贈答品として贈られ、ランチ時の乾杯にも使用されています。

2015年には来訪したウィリアム王子がお土産として買われたそうですよ。

デザイン・機能はバツグン、気になるところはお値段でしょうか・・・

確かにちょっとお高めですが、日本の職人技が詰まった一生モノのカップです。

グラスのように割れることがないし!

毎日ちょこっと使う度に幸せになれる巧の逸品。

大事な方へクリスマスや誕生日の贈り物として、自分のご褒美としていかがでしょう?

 

コメント