スポンサーリンク

真空調理コンフィ! 砂肝がANOVAの低温調理で簡単絶品に!

低温調理(真空調理)レシピ

 

砂肝のコンフィってめちゃめちゃ美味しいんです。

ただ砂肝の下処理ってちょっとめんどくさい・・・

そしてコンフィって温度管理がめんどくさい・・・

非常に美味しいのにダブルで面倒とは(´;ω;`)

でも真空調理器を使えばめっちゃ朝飯前な感じで作れちゃいますよ!

いや、本当に朝飯前に仕込めば、夜の晩酌に間に合います!!

 

スポンサーリンク
 

砂肝の下処理もいらない?!

みなさん砂肝お好きです・・・?

そういえばアタシの周りには死ぬ前に食べたいものが砂肝って人いたなぁ(笑)

内臓系はダメでも鶏の砂肝なら食べれる!って人もチラホラ。

まぁ、我が家はホルモンもなんでも全部いけちゃう口なんですが。

砂肝ってほかの内臓系とは一線を画すあのコリコリした触感がたまりませんよねー。

ただコリコリしたのは美味しいんですが、銀皮と呼ばれる部分を取り除かないと、ここは他の部分より硬いのでゴリゴリ軟骨食べてるような感じになります。

たまに焼き鳥屋さんなどでも、銀皮を取り除かないで提供されてるところもありますが、ちょっと固いので気になるときもあります。

もちろん好みではありますよ。

柔らかいところと軟骨っぽいの一緒に食べたい方はもちろんそのままでいいんです。

ただ一般的に銀皮を取り除くのが砂肝の下処理とされてます。

ひと手間かかりますが、取り除いた方がアタシ的には好きかなー。

柔らかいところは柔らかいところとして食べたい!

でもこの銀皮を取り除く作業ってたくさんあると大変なんですよねぇ。

細い鉄串などを銀皮のつなぎ目に刺して、裂け目を作ってそこから引きはがすんですけど、ちまちま面倒・・・・

しかも銀皮とっちゃうとせっかくの砂肝がだいぶ小っちゃくなっちゃうやん・・・

でもコンフィで低温調理しちゃえば、この銀皮も柔らかく食べられるんです!

面倒な下処理はスキップ。

銀皮取り除かれた貧相な砂肝にはせーへん!

 

また、コンフィを作ったことがある方はわかると思うのですが、普通のガスコンロでコトコトするのはとっても大変なんですよね。

少量だとすーぐ温度上がっちゃうので、見張ってなきゃいけないから、暇な時じゃないとできないし。

オイルもたくさん使うしね。

で、そこで真空調理器。

ANOVAならこれでもかってくらい楽々砂肝のコンフィが手に入ります♪

なんだか今までの苦労が悲しいくらいめちゃくちゃ無駄に思える・・・

ま、これからずーっとお手軽にできるのは嬉しいんやけどねー。

ザ・酒の肴に最高ですよ( *´艸`)

 

スポンサーリンク

砂肝のコンフィ レシピ

砂肝コンフィ 用意するもの
砂肝           250g
粗塩           小さじ1/2
ガーリックパウダー    小さじ1/4
粗びきコショウ      小さじ1/4
ローリエ         1枚
鷹の爪          1/4本
EXバージンオリーブオイル 50cc

 

真空調理器ANOVAは64℃に設定します。

砂肝に粗塩・ガーリックパウダー・粗びきコショウをまぶします。

真空パックに調味した砂肝を入れて、ローリエ、鷹の爪(種を取り出して)、EXバージンオイルを入れます。

真空パック器を使うなり、水に沈めるなりで真空にします。

設定温度になったお湯に沈めて8時間放置。

出来上がったらそのまま食べれますが、一日置いた方がベターです。

ね?

めちゃくちゃ簡単でしょ?

 

砂肝コンフィの食べ方

そのまま冷たくても美味しいですよ。

ただ、冷たいとオリーブオイルがしつこく感じるので、オリーブオイルだけではなく、さっぱりしたグレープシードオイルとかを合わせた方が良いかな。

冷たいとオリーブオイル固まっちゃいますしね。

そうそう、冷菜としてなら薄くスライスするのもお勧めです。

 

温め直す時は、にんにくの芽などとササっと炒め合わせるのも、オカズにもなって良いです。

でもアタシはさっとバーナーで炙るのがお気に入りです♪

そしてバゲットにオイルを染み込ませて、これまた美味しい(*´ω`*)

簡単ですし、日持ちがするので、ぜひぜひ常備肴としてオススメです。

 

スポンサーリンク

あ、これさらに燻製するのも良いでしょうねー。

そりゃもう間違いないでしょうよ。

今度やってみよーっと。

 

コメント