スポンサーリンク

ハンバーガーバンズふわふわブリオッシュ風レシピ 手ごねでもHBでも!

低温調理(真空調理)レシピ

 

ハンバーガーバンズはふわふわで、ブリオッシュみたいにリッチなのが最高に美味しい、手ごねでもホームベーカリーでもできるレシピをご紹介します。

バンズから手作りして、ジャンクフードとは呼ばせない絶品ハンバーガーを家で作りませんか?

いつものごとく前置きが長いんで、さっさっとレシピを見たい方は下の方へスクロールしてください。

 

スポンサーリンク
 

ハンバーガーバンズはふわふわブリオッシュ風が美味しい

無性にめっちゃ美味しいハンバーガーが食べたくなりまして。

それも、それなりにこだわったヤツを家で作りたい症候群に襲われまして。

結構このビョーキ、厄介なんよねぇ。

なんか手に入りにくい食材とかお取り寄せしだしちゃうし。

まぁ、治そうとも思ってませんが。

ちなみに、今まで食べてきたハンバーガーの中で、ウチ好みNo.1に輝くのは多分10年前くらいにニューヨークで食べた「シェイクシャック(Shake Shack)」のバーガー!

なんかの雑誌のニューヨークの人気のバーガー特集でも見て覚えてたんですよね。

せっかくニューヨークに来たからその人気のハンバーガー食べよう!と思って「シェイクシャック」のある公園にふらり。

まずびっくりしたのは、その「シェイクシャック」の公園のスタンドにずらりと行列ができてること!近所で働いていてお昼休み来たっぽい人たちがたっくさん。

アメリカ人もこんなに大人しく食事に並ぶのねっと期待上昇!!

だってファーストフードのハンバーガーとは言え、30分は並んだと思いますよ?

で、お味の方はどうかと言うと・・・めちゃめちゃ並ぶ価値あり(*’’▽’’)!

あんまりファーストフードのハンバーガーって好きじゃないんだけど(モスバーガーは別ね。いや、あれはファーストフードじゃないか(笑))、スタンドの雰囲気がファーストフードのそれを醸し出してるだけで、お味は一線をはるかに越えてる!

病みつきな“ふわもちっ”でリッチなバンズにジューシーなビーフパティ、ソースやその他の具材のコンビネーション、非の打ち所がないやん。

「これ、好きー!!」としか言いようがないやん(*´ω`*)

とか、思ってたら日本にも10年ほどの時を経てシェイクシャックが上陸!

やっぱ人気だったもんねぇ、美味しいもんねぇ。納得。

ただ、気になるのは日本でもそのクオリティを保ってるのか?!ということ。

それなりの年月が経ちましたが、名が売れて利益重視に走ってない?!みたいな。

だってさぁ、めっちゃ美味しかったのに、有名になったら味落ちたよねぇってお店多いよ?

日本のシェイクシャックではワタクシ食してないですし、というか、あの約10年前の一度切りで、記憶もだーいぶ曖昧になってきた今日この頃。

あのお味のまんまが日本でも味わえますようにとただ願うばかりです。

とりあえず、ウチの近くにも進出してくれへんかなぁ。味を確かめたいので(笑)

ま、なんて淡くはかない期待のようなものを密かに抱きつつ、今日はそんな自分の中の絶品ハンバーガーに勝るとも劣らないモノを作ってやろうと意気込んでみてます。

スポンサーリンク

で、今回こちらでご紹介するのはバンズのレシピ。

シェイクシャックのをちょっと思い浮かべながら、分量試行錯誤。

単純に歯切れのよいパンを丸く平べったくしたのではなくて、甘味があってバターリッチなブリオッシュ風でふわふわもちッな感じ。

これがねー「カロリーなんて今日はいいじゃないのよ」って思わせるパティとの抜群すぎる相性なんですよね。

で、ウチのレシピの試行錯誤の結果と言いますと、ふわふわしっとっりのなかなかいい感じ!!にできあがりましたよ。

仕上がり上々ではあるんですが、シェイクシャックのほんのりかすかな思い出を噛みしめてみると、もうちょいもっちり感あっても良かったかなーてな気持ちも。

って思ってたら、シェイクシャックのバンズは、どうやらポテトが入ってるらしいやん!

次に作る時には、ジャガイモをプラスインしてみてレシピできたら更新しまーす(*’’▽’’)

 

ふわふわブリオッシュ風バンズのレシピ<手ごねor HB>

ふわふわブリオッシュ風バンズ 用意するもの
強力粉      200g
上白糖      15g
食塩       2g
無塩バター     20g
卵黄1個+牛乳  150g
ドライイースト  3g

<ツヤ出し用>
牛乳       適量

 
ホームベーカリーを持ってる方は、1次発酵までお任せしちゃいましょう。

持ってない方は手ごねで頑張りましょう。

卵黄と牛乳は合わせて150gになるように計って、よく混ぜます。

ボールにバター以外の材料を全部入れて、よく混ぜます。

ひとまとまりになったら、滑らかになるまでよくこねます。(10分くらいかな)

さらにバターを入れて、キレイになじむまでよくこねます。(もう10分くらいかな)

生地が切れずに薄く伸ばせるようにまでなったら、1次発酵。

ボウルに生地を入れて、乾かないようラップをして、生地が二倍くらいに膨らむまで、温かい場所(約25℃)くらいに1時間ほど置いておきます。

スポンサーリンク

<ここからは手ごねもホームベーカリーも一緒>

ガス抜きをして、4つに分けます。

丸めて成形したら、乾かないように固く絞った濡れ布巾をのせて10分ベンチタイム。

休めた生地を軽く手で潰して、再び濡れ布巾をかけて1.5倍に膨らむまで二次発酵。

膨らんだらツヤ出し用の牛乳を表面にハケで塗ります。

190℃に予熱しておいたオーブンで、12~15分焼けばできあがり!

オーブンから出てくるバンズ達は、ちょっと黄色く可愛くて、バターの香りがすでにもう美味しい・・・ハンバーガーになるまで待ってる時間が、至極ツライ・・・。

ハンバーガーパティを真空低温調理で作ってみたい方はこちらもどうぞ!

低温調理でひき肉をハンバーガーパティに!ANOVAを使ったレシピ
挽き肉だって低温調理したら、美味しくなる!今回はシンプルに牛ひき肉を使ってハンバーガーのパティを作ります。焼き加減も真空調理器ANOVAにおまかせ。立派なディナーメニューになっちゃう絶品ハンバーガーを自宅で手作りしちゃいましょ♪

 

コメント