スポンサーリンク

赤ちゃんがママにだけ笑わない…母親と目が合わないなんて嫌われた?

子育て・家族

 

赤ちゃんの笑顔を見ると疲れがすーっと癒されたり、幸せな気持ちになったりしますよね。

癒されたり、あまりのかわいさに写真を撮ったりしてきたのに、あるときから赤ちゃんがママに対してだけ笑わなくなった・・・

他の人には笑顔を見せるのに・・・ショック(ノД`)・゜・。

もしかして嫌われたの?母親失格?

なんて悩む気持ちも分かりますが、悩み過ぎないで!

赤ちゃんが母親にだけ笑わないことって、実は珍しいことではなく、笑わなくなるにも理由があるんです。

 

スポンサーリンク
  

赤ちゃんがママにだけ笑わない…

他の人を見ると笑顔になったり、他の人があやすとキャッキャと笑うのに、私にだけ笑わなくなった・・・

ママにだけ笑わないとなると、「毎日お世話をして、寝不足だろうが何だろうが夜中に起きて授乳してるのに~!」と悲しくなっちゃいますよね。

笑ってもらいたくてあやしてみても、変顔してみてもリアクションは薄いまま。

ためしに違う人があやすと楽しそうに笑う・・・

わが子に笑ってもらえないなんて、胸が張り裂けそうです。

でも実はこれ、よくあることで、同じように悲しくなっているお母さんもけっこういるんです。

ママにだけ笑わなくなった赤ちゃんは、ママのことが嫌いになったんでしょうか?

いえいえ、ママのことを全く嫌ってなんかいません!

じゃあ一体どうして…?

 

赤ちゃんが母親に笑わないのには理由があった!

生まれたばかりの赤ちゃんが、笑っているように見える時ってありますよね。

生後1~2ヶ月ごろの赤ちゃんの笑顔は、

「笑うと周りのみんなが優しくしてくれる。笑えばお世話をしてもらえる。」

ということを本能的に知っていて、生きるための手段のひとつだと言われています。

そのため、おなかの中にいるときから笑顔の練習をすることもあるんだとか。

 

そのほかにも、赤ちゃんが笑うのは無意識の反射行動だとも言われています。

意志を持って笑うのではなく、何らかの刺激で脳が興奮して顔がぴくっとひきつることで笑っているように見えるのです。

ミルクを飲んだ後や、寝ているときに笑っているように見えるのは、この「反射による笑顔」です。

娘も生まれたばかりの頃、寝ながらよく笑っていました。

「あ、笑った!」と思って写真を撮ったら見事に白目になっていて、娘を起こさないように声を殺して笑い転げたこともありました。

ちなみに、反射や本能で笑うこの頃は、まだ目が発達していないため、周りがあやしている表情などはよく見えていません。

なので、誰かがあやしてくれたから笑っているわけではないのです。

目が見えてきて、人の表情がわかるようになるのは生後3ヶ月ごろからで、このころから大人の表情をまねて笑顔をつくるようになります。

そして、生後5ヶ月くらいになると自分の意志で笑顔を向けたり、笑顔を返したりするようになるのです。

「ママにだけ笑わなくてさみしい・・・」ということになるのは、意思を持って笑いかけるようになるその生後5ヶ月ぐらいからですね。

 

スポンサーリンク

では、なぜ赤ちゃんがお母さんにだけ笑わなくなるのでしょうか。

赤ちゃんが笑うのは、楽しそうな大人の表情を読み取っているからですが、それ以外にも理由があります。

生まれながらの自分が笑うことで誰かが私をかまってくれるという、本能的な笑顔です。

なので、逆に言えば赤ちゃんは「お母さんに対しては笑わなくても、ちゃんと構ってもらえる」と分かっているから、わざわざ笑わないのです。

他の人に対しては、お愛想笑いをしないとかまってもらえないと思っているから笑うのです。

もしかしたら、たまに会う人のことを「めずらしい存在」だと思っているかもしれません。

だから赤ちゃんは、笑顔を見せることで「敵じゃないです」ということを伝えようとしているのです。

 

母親であるあなたに対しては絶大な信頼を持っているからこそ、笑顔は必要ないと思っているだけなんです。

言ってみれば、赤ちゃんの甘えですね^^

ママと楽しく遊んでいるときは赤ちゃんも声をあげて笑いますよ。

それにママにだけ笑わないのはほんの一時期のことなので、大きく気持ちを持って笑顔で接してくださいね。

 

赤ちゃんが笑わない目が合わないのも成長のしるし

もし、赤ちゃんがママだけじゃなくて、他の人に対しても笑わないとしても特に心配はいりません。

それは人見知りかもしれません。

人見知りは、ママと他の人の違いを認識して起こるものです。

きちんと人の区別がついた証拠ですよ。

また、赤ちゃんと目が合わないことがあったとしても、成長のひとつだと考えられます。

物音がしたときにそちらを見たり、何かを目で追ったりしているのなら視力などに問題があるわけではありません。

いつもいつも目が合わないのではなく、ときどきちゃんと目を合わせてくれるのなら何かの異常が出ているわけでもありません。

赤ちゃんが目をそらしたとき、もしかしたら急に赤ちゃんをのぞき込んだりしていませんでしたか?

大人でも、急に目の前に顔が来たらビックリして顔をそむけたり目をそらしたりしますよね。

赤ちゃんも同じように条件反射で目をそらしたと考えられます。

ということは、目や反射神経がちゃんと発達しているということです。

心配いりませんよ!

どうしても気になるようでしたら、保健師さんやかかりつけのお医者さんに相談してみてくださいね。

 

スポンサーリンク

赤ちゃんがママだけ笑わない…母親と目が合わないなんて嫌われた?-さいごに

赤ちゃんの笑顔を見ると幸せな気持ちになります。

もっとわが子の笑顔を見たい!と思ってしまいますが、笑わないのも成長のひとつ。

赤ちゃんがママにだけ笑わなくても「安心しきってるんだな、かわいいやつめ」ぐらいに思ってくださいね。

決してママのことを嫌いなのではなく、むしろその逆なのでどうか自信を持ってください!

 

コメント