スポンサーリンク

真空調理鴨ロース煮をおせちに 低温調理器ANOVAで完璧なロゼ色仕上がり!

低温調理(真空調理)レシピ

 

鴨って美味しいんですが、火加減が難しいお肉。

ちょっとでも火が通り過ぎちゃうと噛みきれへん・・・ってなことに陥りがち。

完璧なロゼ仕上げの鴨ロースは最高に美味しいのに。

真空低温調理器でそこんとこ何とかしましょう。

アノバを使えば、誰だって鴨ロースを使いこなせちゃいます!

 

スポンサーリンク
 

鴨肉って実はヘルシー!真空調理で簡単調理!

キレイなロゼ色の鴨肉って美味しいですよねー。

鶏肉よりもずっしりこってりとした味わい・・・

旬が冬なだけあって、寒い時期にさらに美味しくなります。

鴨肉は脂が鶏肉よりものっていますが、この脂には不飽和脂肪酸が多いのでヘルシーです。

不飽和脂肪酸っていうのは魚や植物に多い脂肪分。

逆に動物に多いのが飽和脂肪酸。

鴨は動物なのに、不飽和脂肪酸がたくさん含まれてるんですよねー。

なぜかは知らないんですけど。

飽和脂肪酸はコレステロールを増やして血液ドロドロにする健康に悪いヤツ。

不飽和脂肪酸は悪玉コレステロールを抑えてコントロールしてくれる健康に良いヤツ。

そんな良質な脂肪が豊富なのが鴨肉なんです!

そして、この不飽和脂肪酸っていうのは融点が低いんです。

ということは、体の中で脂が固まらず、消化もしやすく体に負担をかけないんですよねー。

加えて、融点が低いということは冷めても美味しいということ。

脂身の多いお肉が冷たいと固いししつこくて美味しくないのは、口の中で脂が溶けないから。

鴨の脂は口に入れた瞬間に脂がとろけるんです!

なので、冷菜としておせち料理なんかに鴨ロース煮が入っていても、温かい時と変わらない美味しさを保てるんですねー。

もちろんあったかくても美味しいんやけど。

そして、栄養価も牛や豚、鶏と比べて高い!

ミネラルやビタミンがとっても豊富なんです。

美味しくて健康に良いなんて素敵すぎるやん、鴨!

そんな鴨肉ですが、調理の際の火加減の調節が難しい。

火が通り過ぎちゃった鴨ロースってなんか段ボール食べてるみたい・・・

スポンサーリンク

特に、小さな鴨ならロースの胸肉部分の身が薄くて、焼き過ぎの失敗はありがち。

高級食材の鴨なんだから、そんな失敗はしたくないですよね。

なので、やっぱり真空調理器にお任せ♪

失敗なしに楽々美味しくできちゃうので、忙しい年末でも仕込める!

おせちの一品にぴったりですよ。

 

ANOVAで鴨ロース煮を低温調理仕上げ

シンプルな和風の和風ロース煮です。

ウチでは真空低温調理器ANOVAを使ってますが、お手持ちの真空調理器をお使いください♪

ちなみに、ちょっぴり丁寧な手順のレシピを載せてるので、面倒な方は一部省いても。

というのをポイントとして下の方に書いてます。

鴨ロース煮 用意するもの
合鴨ロース   1枚(250g程度)
濃口醤油    大さじ2
酒       大さじ2
三温糖     大さじ1
みりん     大さじ1
長ネギ     1/2本
粗塩      少々 

 
まずは合鴨ロースの下処理。

合鴨の皮の方を下、身を上に置いて、はみ出てる脂を切り落とします。

白っぽく見える肉の筋を、包丁を使って取り除きます。

皮を上にして、縦に長くストライプの切れ込みを等間隔に数本入れます。

皮の方だけに軽く塩をして、30分ほど冷蔵庫で休ませます。

ネギは3,4cmくらいの長さにカット。

真空低温調理器ANOVAは57℃にセット。

鴨の水気をしっかりふき取って、中火で熱したフライパンで皮目から焼きます。

キレイな焼き目がつくまで、2,3分くらいかな。

と、同時に脂が出てきたら、横でネギを焼きます。

鴨の脂の方に良い色がついたら、ひっくり返して、身側をほんまにサッと焼きます。(色が変わればOK。10秒くらいかな)

鴨肉は取り出して休ませて置いて、ネギは火が通るまで焼きます。

鴨肉とネギの荒熱が取れたら、真空パックにすべての材料を入れます。

真空パック器を使うなり、水に沈める方法なりで空気を抜いて密封します。

設定温度になったお湯にちゃぷっと沈めたら2時間放置。

時間になったら急冷して、冷蔵庫で一晩我慢!

一晩寝かせれば、味が染みてさらに美味しくなって、できあがりです。

 

スポンサーリンク

低温調理鴨ロース煮のポイント

皮の脂に切れ目を入れるのは、焼き縮み防止と脂を出しやすくするため。

プラス、縦にストライプ入れると切った時も見た目がキレイです。

肉まで切れ込みを深く入れないように気を付けてくださいね!

後で焼く時に肉まで火が通っちゃいます。

また、皮目に塩を振ると、脂の水分が抜けて、皮目がキレイに焼きあがります。

そんな感じのポイントではあるんですが、面倒だ!そこまでは求めてない!って方はしなくてもいいです(笑)

鴨をそのままじゅーっと皮目を焼いて、身をサッと焼いて、低温調理するだけ。

下処理の筋取りだって、気にならない方は筋は取らなくてもいいです。

ものすごい硬いスジではないので。

それだけ簡略化したとしても、十分に美味しいものができあがりますよ♪

日本酒すすんじゃいますねぇ・・・。

 

コメント